お尻の出来物とニキビの関係

「おしり」は、けっこう範囲が広いため、「にきび」ができる場所も人それぞれです。よく知られているのは「太もも」ですが、こちらは、イスに腰掛けたとき、上半身の体重をまともに受けることからも納得できます。
 
それ以外の場所として、「お尻の割れ目近く」があります。たとえば、おしりの穴のすぐ上に「にきび」のようなものができて、化膿して痛みを生じたりします。また、割れ目の両側に赤いブツブツがたくさんできることもあります。さらに、肛門に近い場所に出来物があるときは、「痔ろう」との区別がつきにくいともいわれています。

もしかしたら、粉瘤(ふんりゅう)かも!?

出来物とニキビの関係とは?お尻の出来物はニキビとは限りません。もしかしたら、「粉瘤(ふんりゅう)」かもしれないのです。気になる特徴には、次のようなものがあります。

・いつも同じ毛穴にできる
・毛穴がくぼんでいる
・だんだん大きくなる
・腫れあがり、強い痛みや熱がある

粉瘤ができる原因は、はっきりしていませんが、垢や脂が皮膚の内側にできて、何度も繰り返します。さいわい良性の腫瘍ですが、自分でケアすることはできないため、専門医に診察を受けて適切な治療を受けることをお勧めします。また、完治のためには手術が必要になります。

このように、お尻は「にきび」以外のトラブルで悩まされることも少なくありません。それを防ぐためには、やはり、通気性がいい下着や衣類を身に着ける、いつも皮膚を清潔にする、保湿を心掛けるなど、日常的なケアが必要になります。また、症状が気になる場合は、自己判断しないで専門医の受診も大切です。