お尻や太ももにできるニキビの原因とは?

肌トラブルの代表的存在として「にきび」があります。ニキビができるのは思春期だけでなく、成人してからは「大人にきび」に悩まされる人も少なくありません。毛穴に皮脂が溜まりやすくなるなどにより、にきびが好むアクネ菌の温床になりやすいからです。

ニキビは放置しておくと、炎症をともない悪化していくため、触れると痛みを感じたり、潰すと膿が出ることもあります。にきびができやすい部位として「顔」は代表的存在ですが、ほかにも、背中やデコルテなどがあります。

そして、ふだんは目に付く部位ではないのですが、「おしり」や「太もも」もにきびができやすい部位として知られています。


「おしり」はダメージを受けやすい

酷使されるお尻にはできやすい

お尻や太ももにニキビができる原因は、ズバリ!ダメージを受けやすいからです。イスに腰掛けたり、正座をしたりするとき、おしりで体の上半身を支える必要があります。つまり、その重みに耐えるために頑張り続けることが、大きなダメージになってくるのです。

上半身の体重を支えるため、おしりの皮膚は角質化して厚くなります。また、古い角質が毛穴をふさぐため、アクネ菌が育ちやすい環境ができるのです。さらに、おしりは下着や衣類にずっと触れているため、摩擦を受けやすいだけでなく、絶えず蒸れやすい状態にあり、にきびができる原因としても見逃せません。

お尻や太ももにニキビができた場合、洗顔するのと同じように手軽にケアできないことが大きな課題です。そのため、ふだんから清潔にするように心掛けることが大切だといえます。


お尻のニキビ、その治し方とは?

ふだん、人目に付くことが少ない「お尻」は、下着や衣服による摩擦をストレートに受けています。しかも、お尻は、常に通気性が悪く蒸れやすい状態にあるため、「にきび」の原因にもなるアクネ菌が好む環境が整っています。

そのような環境を知ったうえで、にきびができないように予防することが大切です。しかし、できてしまったものは後悔しても始まりません。ニキビの治し方を見つけて前向きに対処しましょう。具体的には、次のような方法があります。

  • 皮膚を清潔にする
  • 入浴後には保湿を心掛ける
  • 薬用クリームやジェルを使う

詳しくはこちら → お尻の黒ずみは、どう治す?


やはり、清潔が一番大切

綺麗にすることが一番のケア

お尻のニキビの治し方は、顔や背中などにできた場合と通じるものがあります。しかも、おしりは日常的に通気性が悪い状態にあるため、より一層の注意が必要になります。

まず、大切なのは皮膚を清潔にすることです。ただし、力を入れてゴシゴシ洗うと、傷の悪化にもつながるため、やさしく洗いましょう。そのとき、シャンプーや石けんが残らないように、十分シャワーで流すこともポイントです。また、おしりの保湿をするときは、おしり専用のケア用品を使うことが大切です。

なお、下着などの摩擦で皮膚が傷つくと「かゆみ」が生じ、それに雑菌が付着して「かぶれ」ができ、「にきび」が発生、潰すと「黒ずみ」ができます。この一連のプロセスも知っておきましょう。

そのうえで、綿100%の通気性がいい下着を選ぶことや、汗をかいたときは、なるべく早くシャワーを浴びることも大切です。また、イスに腰掛けるときは、クッションを使ってにきびを刺激しないようにするなど、日常生活のなかで、ちょっとした工夫を心掛けましょう。


なぜお尻にニキビができるのか?

下着装着によるお尻の黒ずみ

下着装着によるお尻の黒ずみ


お尻の出来物とニキビの関係

お尻の出来物とニキビの関係